内側からも保湿しよう!乾燥肌に繋がる5つの原因や効果的な乾燥肌対策とは!?

2021年11月12日

「寒くなったら肌の乾燥が気になり出した」「効果的な保湿方法ってあるの?」と不安に思う人もいるのではないでしょうか?

突然肌がカサカサと乾燥し始めて、何が原因かわからなくて焦ってしまうこともありますよね。

そこで今回は、乾燥肌に繋がる5つの原因や効果的な乾燥肌対策についてご紹介します。

この記事を読めば、乾燥肌に繋がる原因や効果的な乾燥肌対策を知ることができ、実践することで乾燥肌の改善・予防することもできますよ!

乾燥肌ってどんな症状?

人間の肌には、体内からの水分の蒸散を防ぐ「バリア機能」が備わっています。

乾燥肌は、皮膚のバリア機能が低下することで肌の水分が保てなくなり、乾燥した肌になります。

肌が乾燥するとカサカサとした肌になり、さらに乾燥が進行すると白い粉を吹く、ヒリヒリ感や赤み、痒みといった症状が現れます。

乾燥肌になると様々な肌トラブルが起こってしまい、改善するためにはバリア機能を整えることが重要になるのです。

乾燥肌に繋がる5つの原因

では、何が原因で乾燥肌になってしまうのでしょうか?

紫外線

紫外線によるダメージは日焼けのみだと思われがちですが、実は皮膚のバリア機能を低下させ、乾燥しやすくなってしまいます。

夏といった紫外線が強い季節だけでなく、一年中紫外線に注意する必要があります。

肌のターンオーバーの乱れ

肌のターンオーバーが乱れることで、乾燥肌になりやすくなります。

生活習慣の乱れやストレスなどが原因で、肌のターンオーバーのサイクルが乱れてしまうのです。

特に、睡眠不足の日々を過ごしている人やストレスを溜めやすい人は、要注意です。

空気の乾燥

空気が乾燥することで、乾燥肌になってしまうことがあります。

特に、冬といった寒い季節は肌の水分が蒸発しやすく乾燥しやすいため、しっかりと保湿しなければなりません。

家の中にいるときも、湿度をチェックして空気が乾燥していないか注意しましょう。

スキンケアの仕方

洗顔やスキンケアのときに肌を強くこすってしまうことで、肌が傷つき乾燥肌になってしまうこともあります。

また、熱いお湯を使って洗顔をしてしまうと、肌に必要な皮脂まで洗い流してしまって、乾燥に繋がる可能性もあります。

乾燥肌を改善させるために、肌になるべく負担をかけないスキンケアを心掛けましょう。

加齢

肌の保湿力は年齢とともに減少し、肌が乾燥しやすくなってしまいます。

保湿力だけでなく、バリア機能も低下してしまうため、乾燥や刺激を感じやすい肌になってしまうのです。

効果的な乾燥肌対策4選

乾燥肌対策として効果的な方法を4つご紹介します。

紫外線対策をする

紫外線対策をすることで、乾燥肌を防ぐことができます。

日焼け止めやUVカット効果がある日傘、帽子などを使って紫外線から肌を守りましょう。

特に日焼け止めを塗るときはしっかり塗り、こまめに塗り直すように心掛けましょう。

丁寧な洗顔やスキンケアを心掛ける

乾燥から肌を守るためには、丁寧なスキンケアをする必要があります。

以下のポイントを意識してスキンケアをしてみましょう。

・肌を擦らず、泡でやさしく洗顔する

・洗顔や入浴後はすぐに保湿する

・美容液やクリームを使って保湿力を高める

洗顔時は、泡立てネットでしっかりと泡立てて使うことが大切です。

美容液やクリームを選ぶときは、セラミドやヒアルロン酸、グリセリンといった保湿力に特化したアルコールフリーのスキンケアアイテムを選ぶことがオススメです。

食習慣を見直す

食習慣を見直すことで、乾燥肌を防ぐことができます。

特に、毎食野菜を食べたり適量の植物油を摂ったりすることで、肌が内側から潤いやすくなります。

また、糖分の多いものや冷たいもの、カフェインは代謝の悪化に繋がりやすいため、なるべく避けるようにしましょう。

食習慣を整えることで、乾燥肌も改善させることができますよ。

質の良い睡眠を心掛ける

就寝する1時間前には夕飯や入浴を済ませ、テレビやスマホを観ないようにすることで、睡眠の質が良くなり、乾燥肌も予防・改善させることができます。

一日だけでなく、毎日の積み重ねが大切です。

睡眠の質が良くなることで、ストレスも溜まりにくくなり、より乾燥肌を防ぐことができます。

まとめ|乾燥肌に繋がる原因に注意して、丁寧なスキンケアや生活習慣を心掛けよう!

乾燥肌に繋がる5つの原因や効果的な乾燥肌対策についてご紹介しました。

  • 皮膚のバリア機能が低下することで、肌の水分が保てなくなり、乾燥肌になってしまう
  • 紫外線やターンオーバーの乱れ、空気の乾燥などが原因で乾燥肌になってしまうことがある
  • 紫外線対策をして食習慣や睡眠を見直し、丁寧な洗顔やスキンケアを心掛けることで、乾燥肌をより効果的に防ぐことができる

皮膚のバリア機能が低下させないように、生活習慣やスキンケアの仕方を見直すことで、乾燥肌を予防・改善させることができます。

また、空気の乾燥が乾燥肌の原因である場合もあり、湿度の低下にも注意する必要があります。

肌の潤いを保って、あなたも健康的な肌を目指しましょう!